達人村便り

和歌山・達人村(たっとむら)から旬の情報をお届けします。
<< 達人村から こんにちは | TOP | こんにちは 紫陽花くん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ にほんブログ村 グルメブログへ



| - | | - | - | ↑PAGE TOP
「秋」を食べよう

達人村から こんにちは
永らくのご無沙汰でござる 伝兵衛は元気ですぞ
 あっという間に半年あまりの月日が流れたの〜
車窓に飛ぶ景色のようじゃ
伝兵衛は相変わらず「旬」を追っかけバタバタしておりまする
生石高原の「幻の梨」や「トマト」の出荷にてんてこ舞い
気がつけば「秋」がもうそこまで





高原特有の寒暖の差と
トマト作り30年の達人が産み出す
甘くて 濃く チカラのあるトマトです




                                   
 「梨」はもう「無」
 お買い上げ有難うございました

 次の出番は、トマト・みかんです
 
   


達人村の庭 変身


昨年5月 仲間にチカラを借りて、苔庭に・・・
猛暑が続いた この夏は、朝夕の水やりにフーフー
あぁ!しんどかった
このところの涼しさと恵みの雨で緑色の輝きを取り戻し、やさしくお客様を迎えてくれている
苔 様 おおきに



みかん グングン



今年のみかんは、裏年で全般的に成りは
薄いそうじゃ
でも、ご心配なく
達人村は、沢山成ってますぞ
成長期に雨が少なかったので
やや小ぶりじゃがの〜
甘〜いみかんができますぞ


隣で橙も仏手柑も頑張っておりまする
自分だけの「秋」を探しに来てくだされ
みかんの出荷は10月中旬から


  ポン酢の材料 「橙」

  万葉名 あべたちばな夏に咲く花は香り高く、
  花からとる橙花油は香水の原料にもなるという

  実は冬に色づくが落ちにくく、
  次の夏に新しい実が
  なってもまだ木に残り、同時に三代の実を
  見ることもあるので「代々」という
  子孫繁栄を呼ぶ幸運の果実として 
  お正月のしめ飾りに使われる
                    
 
        
  

  
 仏手柑              

インド原産で蜜柑類に属し
その形が仏の合掌されている手に
似ているところから
仏手柑(ぶっしゅかん)と呼ばれ、
高貴な芳香を持つ希なる果実です。
中国では古来より不老長寿の珍果と
されています。
 また、日本では、瑞兆の果実として
生花や、茶室の飾り、高級菓子の材料
などに用いられています。
 紀州の大きな太陽を浴びて育まれた
仏手柑の姿と香りはひとつの芸術品と言えましょう。





達人村 レストランの自慢はこれ

岩清水豚使用のとんかつ



脂身が甘〜い岩清水豚。
パリッと揚げて、達人村特製「手搾りポン酢」で
サクサクと・・・
たまりませんぞ
伝兵衛村長いわく ポン酢で食べてもらえば豚の味が分かってもらえる
¥1000


さば寿司

有田では、10月の祭にかかせないのが「さば寿司」じゃ
この時期のさばは脂がのって一番旨〜い
                       
                         
  さばを贅沢に厚く切って、アセで巻き、
  一晩漬け込んで仕上げまする
  さばの旨味がじわっとしみこみ絶品じゃ
  控えめなアセの葉っぱの香りも
  食欲を誘ってくれますぞ








   
 


     体験も出来ま〜す

    10個お持ち帰り 
    ¥1700


体験         

おトクなコース

ポン酢づくり・お食事              2000円
ポン酢づくり・バーベキュー          大人4500円 小人3500円
ポン酢づくり・みかん狩り           2500円
ポン酢づくり・みかん狩り・お食事      3000円
ポン酢づくり・みかん狩り・バーベキュー  大人5000円 小人4200円



お礼を納めに参ります
今年4月から始めた四国八十八箇所巡礼の旅
今回は一泊二日で8番熊谷寺〜21番大龍寺まで

 太鼓腹の布袋さんの
 となりでは
 伝兵衛もスリムに
  見えるじゃろ




般若心経をくって
何をお願いしているのだろう

心の内は大師さまのみ知る

























ほほえましい「秋」見〜つけた
 9番法林寺山門近く



トラクターのあとをカラスと白鷺が追う・・・
おまえ達も しっかりお食べ〜
おっちゃんの「分かち合う」優しい人柄がヒシヒシと
伝わってくる
きっと弘法大師様もほほえんでいることでしょう
南無大師遍照金剛

ところで「分かち合う」と「奪い合う」は紙一重じゃの〜
一歩下がれば「分かち合い」少し欲を出せば「奪い合い」
「分かち合う」平和な世の中であってほしいものよ
すがすがしい気分で遍路を続ける伝兵衛でござる


元気 いただき〜

 
丑年生まれの女房は
 牛が好き



藤井寺から焼山寺へ通じる
「へんろころがし」といわれる難所を
一日かけて歩く
鳴門教育大の学生達80名
若者よ!
しっかり汗流せ!!

道中いろんな出会いがありましたぞ
横浜から軽自動車で一般道を走り遍路を続ける
83歳のおじいちゃん

雨にも負けずテクテク旅のお遍路さん(76歳)
車椅子に乗って大師様をスケッチするおばあちゃん
話を聞けば皆々人生に前向きだ

66歳の伝兵衛はまだまだ負けられません
元気をありがとう




にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ にほんブログ村 グルメブログへ



| - | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト



にほんブログ村 地域生活ブログ 和歌山情報へ にほんブログ村 グルメブログへ



| - | 19:37 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tattomura.jugem.jp/trackback/120
トラックバック

| /PAGES |